ユニットバスのタイル床を人工大理石の床に変更!(事例)

 ユニットバスのタイル床を人工大理石の床に変更事例

若干浮いたタイル・・・・・・
約20年前のユニットです。

まだ取れていないですけど・・・・少し異臭( ◔ิω◔ิ) 
剥がしてみると~
黒は、完全に剥がれ石鹸・皮脂が腐食したところ。(カビ)
赤はカビの一種
写真の下側が唯一貼れていた場所。

いずれにしろ、はがれかかった時点で半分はタイル下にカビが生えて異臭がする。

当社は、タイルを剥がします。


貼る材料は、人工大理石です、2種類あります(´∀`)

今のタイルが薄い場合は6mmを使います。
厚い場合は10mmを使います。

大きさなどは、現物を計りCADに入力して目地のピッチを決めてから加工します。


当社の床の材料は厚いです!通常の補修は、現状を残しパテで埋めてシートを貼るのが一般です。

事例の仕様(1620)

人工大理石
厚さ6mm
目地 25mm角ピッチ
目地 深さ1.2mm

大きさ 400×700 6枚





お問い合わせは

ユニット渡辺

担当 渡邊

〒959-1803 新潟県五泉市下条199番地23
TEL 0250-25-7691 FAX 0250-25-7692



コメント

このブログの人気の投稿

中心の無い螺旋階段(ロフト用)

里親さんから頂いたトマトで

木製螺旋階段を本気で作った。(カペリ様)